【楽天市場】オンラインゲーム用のパソコンとアクセサリー
SecondLifeなどのオンラインゲームをサクサク快適に。

参考URL:セカンドライフ日本語版について

オンライン3Dバーチャルゲームセカンドライフ概要(引用)

代表的なメタバースの1つで、遊び方は商売に力を入れたり他のユーザーと交流したりとユーザーの自由である。大きな特徴として、製作物の著作権・所有権が認められていること、セカンドライフ内の仮想通貨を現実通貨に換金できること、がある。

オンラインゲームと呼称されることが多いが、リンデンラボは World と呼称している。また、World内に存在するコンテンツのほとんどはユーザーの手によって作り上げられており、ゲームというよりもシミュレータと呼ぶべきであるとの声もある。そうしたことから、オンラインゲーム感覚で利用するユーザーと、仕事や教育目的で利用するユーザーとに分かれている。

world内で一億相当の資産所有者が誕生して以来、アカウント数は急増している。現実通貨への換金は現在非課税で行えるが、これが税金の抜け道になってしまうため、問題視されている。これに対し、アメリカの国税局は課税ルールを検討している。


なお、Second Lifeは18歳以上のユーザーを対象としている。13〜17歳のユーザーは青少年を対象としたTeen Second Life(ティーンセカンドライフ)に参加することになり、一般のエリアとは完全に隔離される。18歳になると一般のエリアに行けるようになるが、Teen Second Lifeは利用できなくなる。

(引用ここまで)Wikiより。


メタバースというのがわかりにくいかもしれませんが、
要は、セカンドライフは、仮想体験型オンラインゲームで、

・ユーザーが世界を作り上げていけること。
・仮想世界内通貨が現実世界の通貨と互換性があること。
・現実世界の大企業が、ビジネス進出していること。

などが特徴的で、日本上陸後は、インターネットユーザーの
8割は参加するのではないかといわれています。

セカンドライフ日本語版公式サイト
http://secondlife.com/world/jp/

セカンドライフ最新情報